BACKSTAGE技術部

群馬職業訓練短期大学校、ポリテクカレッジ群馬のデザイン科卒業生で行われる作品展
「BACKSTAGE」の技術的ブログです。
Adobe Illustrator、Photoshopを中心に手持ちのアプリケーション、デジモノの検証結果やTipsをお伝えしていきたいと思います。
リンクはご自由に。報告も不要です。
<< Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう | main | Illustratorで風のような効果 >>
IllustratorCS5以降の「連結」で色々な形状を作成&検証
0

    JUGEMテーマ:Adobe Creative Cloud

     

    スクリーンショット 2016-10-06 22.44.30.png


    スクリーンショット 2016-10-06 22.41.16.png

    以前に「Illustratorで「連結」を使って色々な形状を作成」という記事を書きましたが、

    今回はCS5からパワーアップした「連結」機能について色々試してみました。

     

    CS4まではダイレクト選択ツールでオープンパスの端点(孤立点でもOK)

    2つだけを選択して連結しないとエラーダイアログが出ましたが、

    CS5以降はオープンパス全体を選択しても連結できるようになりました。

    しかも複数のオープンパスを一度に連結できます。

     

    ショートカットキーはCommand(WindowsはCtrl)+Jですので

    下のような場合も連結自体はCommand+Jを2回押すだけです。

    スクリーンショット 2016-10-06 23.04.54.png

     

    端点となるアンカーポイント同士の距離が一番近いものから順番に繋げていって

    最後の距離が一番遠い部分だけ繋がないという仕様のようです。

     

    例えば下のように

    あるオブジェクトを選択してから

    メニューの

    選択>オブジェクト>方向線のハンドル

    でパスのセグメントのみを選択した後に削除するとそのオブジェクトを構成していたアンカーポイントだけ孤立点として残ります。

    その孤立点が選択された状態で連結すると

    この様に距離が近いアンカーポイントから繋がってそうなのがなんとなく分かります。

    そして最後の部分は繋ぎません。

     

    最後の部分が繋がらないのは

    恐らく下の様な並びのパスを連結したときは最初と最後は繋がらない方が有り難いからだと思います。

    スクリーンショット 2016-10-06 23.08.43.png

     

    これもパス同士の距離が変われば繋がり方も変わります。

    スクリーンショット 2016-10-06 23.09.11.png

     

    となると、アンカーポイント同士が同じ距離だった場合は何が優先なのか気になりますね。

    パスの方向も関係あるかも知れませんので片側を矢印にして試してみました。

    スクリーンショット 2016-10-06 23.10.04.png

    方向による影響はありそうですが、一部おかしな部分もありますので保証は無さそうです。

    前面か背面かは違いがありませんでした。

     

    距離が同じ場合はアンカーポイントの数も影響するようで

    30本の平行線を連結したときは綺麗な矩形波状に繋がるのに対し、

    スクリーンショット 2016-10-06 23.07.33.png

    29本の時には途中で斜めになってしまいました。

    スクリーンショット 2016-10-06 23.08.07.png

    斜めになった部分から端点までを選択して反転すれば矩形波状に直せます。

     

    何度か書き直してやってみたところ自分が検証した範囲では

    偶数本の時は毎回矩形波状になりました。

    奇数本の時は斜めに繋がる場合があったりなかったりと

    再現性がありませんでしたので、Illsutrator内部での位置計算の誤差で変わるのかな?

     

    そして、途中が斜めに繋がるというのが

    繋げる順番の仕様を確認する上で重要なポイントで

     

    上でも書きましたが、最初に全ての端点・孤立点の中から一番近いところを繋げたら

    次にその繋がり始めた部分からでは無く、

    また残った端点の中から一番近いもの同士を繋げて…

    というのを繰り返して最終的に一番遠い部分が残る。

    となっているようです。

    上の連結で斜めになっている部分は最後のしわ寄せが原因だと思います。

     

     

    ちなみに端点同士がピッタリくっついて1周している場合は連結1回でクローズドパスになります。

    重なっている二つのアンカーポイントを一つにしてくれるってとこが興味深いです。

    他の使い道がありそう…

     

    以上で検証終わりですが、

    この事を頭に入れておくと作業スピードも大幅アップ!するかも!

    ガシガシ繋げて面白い形を作ってみましょう。

     

    あ、遠い端点同士を繋げたい場合はきちんとその繋げたいポイントだけ選択して連結して下さいね。

     

     

    ■オマケ

    一番上の画像のように等間隔でハの字型の線を描く方法。

    1.横一色線を引きます。

    スクリーンショット 2016-10-06 23.28.26.png

     

    2.効果>パスの変形>ジグザグ

    スクリーンショット 2016-10-06 23.28.50.png

     

    3.オブジェクト>アピアランスを分割

    スクリーンショット 2016-10-06 23.29.10.png

     

    4.ダイレクト選択ツールで片方の端点の選択を解除して「選択したアンカーポイントでパスを切断」ボタン

     

    ※一部選択解除しないと「選択したアンカーポイントでパスを切断」ボタンは出現しません。

     

    5.オブジェクト>変形>個別に変形

    水平方向を60%等100%より小さくしてOK

    スクリーンショット 2016-10-06 23.29.50.png

    これで等間隔にハの字型の線が並びます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    | タナカ | Illustrator | 00:15 | comments(0) | - | - |









    スマホ版
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (12/02)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      カール (12/01)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (12/01)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (11/30)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      カール (11/30)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      タナカ (06/30)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      ニャーン (06/29)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      タナカ (06/19)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      ニャーン (06/18)
    • Illustratorで1本の線から効果の「変形」を使って雪の結晶を作ってみよう
      ニャーン (02/13)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + BACKSTAGE
    + Amazon
    + 広告

    + にほんブログ村ランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE