BACKSTAGE技術部

群馬職業訓練短期大学校、ポリテクカレッジ群馬のデザイン科卒業生で行われる作品展
「BACKSTAGE」の技術的ブログです。
Adobe Illustrator、Photoshopを中心に手持ちのアプリケーション、デジモノの検証結果やTipsをお伝えしていきたいと思います。
リンクはご自由に。報告も不要です。
<< Adobe Creative Cloud始めました | main | Illustratorで水彩画タッチのグラフィックスタイルを作成 >>
Illustratorで電光掲示板
0
    JUGEMテーマ:Adobe CS5
    スクリーンショット 2015-12-16 23.51.11.png
    今回はIllustratorで電光掲示板風の表現です。

    まず、新規書類作成します。
    スクリーンショット 2015-12-16 23.51.47.png
    ピクセル単位で扱いますのでプロファイルは「Web」が良いです。

    スクリーンショット 2015-12-16 23.52.57.png
    文字を入力します。

    全てを選択してサイズを変更。
    スクリーンショット 2015-12-16 23.53.15.png
    今回「100pt」に設定。最終的にはかなり粗めになります。

    スクリーンショット 2015-12-16 23.53.44.png
    テキストツールで全選択された状態で文字色を「なし」にします。

    スクリーンショット 2015-12-16 23.54.11.png
    選択ツールに切り替えて

    スクリーンショット 2015-12-16 23.54.29.png
    新規塗りを追加
    スクリーンショット 2015-12-16 23.54.53.png

    効果>ラスタライズ...
    スクリーンショット 2015-12-16 23.55.03.png
    スクリーンショット 2015-12-16 23.55.17.png
    解像度で「その他」を選択

    スクリーンショット 2015-12-16 23.55.43.png
    18ppiに設定(72の4分の1)←重要です。
    アンチエイリアスは「なし」でOK

    スクリーンショット 2015-12-16 23.56.20.png
    良いゴツゴツ具合ですが、フォントを細目にしてもう少しスッキリさせてみます。

    スクリーンショット 2015-12-16 23.56.32.png
    小塚ゴシックPr6NのELに変更。

    ここで一つ注意。
    アウトラインをとるとかなり太くなりますので最終的にアウトラインをとる必要がある作業には向かないです。
    スクリーンショット 2015-12-16 23.56.54.png
    ↓こんなんになります。文字サイズが大きくなればあまり気にならなくなりそう。
    スクリーンショット 2015-12-16 23.57.27.png


    ということでアウトライン無しの状態で続けます。
    スクリーンショット 2015-12-16 23.58.07.png
    テキストの塗りを「ホワイト」にします。

    スクリーンショット 2015-12-16 23.58.40.png
    新規塗りを追加

    スクリーンショット 2015-12-16 23.59.02.png
    追加した色を最背面へ移動。

    スクリーンショット 2015-12-16 23.59.26.png
    塗りを「ブラック」に

    「ブラック」にした塗りに対して
    効果>形状に変換>長方形
    スクリーンショット 2015-12-17 0.01.03.png

    スクリーンショット 2015-12-17 0.01.28.png
    周囲が大きい分には後でマスクかければ良いので
    サイズ:は値を追加で幅・高さ共に30px位にしてみます。


    ここで光源となるドットのパターンを作ります。(先に作っておいてももちろんOKです)
    スクリーンショット 2015-12-17 0.01.48.png
    アピアランスパレットのメニューの「新規アートに基本アピアランスを適用」にチェックが入っているようにします。

    スクリーンショット 2015-12-17 0.02.21.png
    長方形ツールを選択

    空いている場所をクリックして
    スクリーンショット 2015-12-17 0.02.59.png
    幅・高さ共に4px←重要です。
    でOK

    スクリーンショット 2015-12-17 0.03.13.png
    100%表示だとさすがに小さすぎて良く分かりませんね。
    CCになるとコーナーウィジェットもあってCS以上に分からないので拡大表示してみます。
    スクリーンショット 2015-12-17 0.03.32.png

    作成した四角が選択された状態で
    スクリーンショット 2015-12-17 0.03.46.png
    拡大・縮小ツールをダブルクリック

    スクリーンショット 2015-12-17 0.04.00.png
    縦横比を固定:1%にして「コピー」(小さめにするのがコツです)

    スクリーンショット 2015-12-17 0.04.11.png
    コピーした小さい四角の塗りを「ホワイト」に

    スクリーンショット 2015-12-17 0.04.31.png
    こんな状態

    スクリーンショット 2015-12-17 0.06.32.png
    選択ツールに切り替えて

    スクリーンショット 2015-12-17 0.06.50.png
    黒い四角と白い四角両方選択。
    スクリーンショット 2015-12-17 0.07.02.png

    スウォッチパレットにドラッグしてパターンとして登録します。
    スクリーンショット 2015-12-17 0.07.32.png

    パターン登録が終わったらパターンの元のオブジェクトは不要なので削除。
    スクリーンショット 2015-12-17 0.07.43.png

    再び文字の方を選択。
    スクリーンショット 2015-12-17 0.08.00.png

    アピアランスパレットで背面の黒の塗りを選択して
    スクリーンショット 2015-12-17 0.09.08.png
    スクリーンショット 2015-12-17 0.09.18.png
    塗りを複製します。

    スクリーンショット 2015-12-17 0.09.32.png
    複製した「ブラック」の塗りを「ホワイト」より前面に移動。

    スクリーンショット 2015-12-17 0.10.03.png
    移動した塗りの色に先ほど登録したパターンを選択します。
    (この時点ではほぼ真っ黒です。)

    パターンにした塗りに対して
    効果>ラスタライズ...
    スクリーンショット 2015-12-17 0.10.30.png
    スクリーンショット 2015-12-17 0.11.07.png
    今度は解像度を「36」にしてOK

    スクリーンショット 2015-12-17 0.12.24.png
    本来ならこうなるハズですが、
    パターンの原点の位置によって
    スクリーンショット 2015-12-17 0.11.25.png
    こんな風に縞模様になったり、場合によっては真っ白になってしまう事があります。
    そんなときは選択ツールをダブルクリックして少しだけ移動させましょう。
    スクリーンショット 2015-12-17 0.11.59.png

    続いてパターンの塗りの不透明度を設定。
    スクリーンショット 2015-12-17 0.12.40.png
    描画モードを「乗算」にします。

    スクリーンショット 2015-12-17 0.13.04.png
    ドット文字出現。

    後は「ホワイト」の塗りをオレンジ色にすれば
    スクリーンショット 2015-12-17 0.14.56.png

    それっぽいのが完成。
    スクリーンショット 2015-12-17 0.15.25.png
    ※作業中のスクリーンショットは動画を元にしていますので発色が悪くなっています。

    背面の黒を少し薄めにすると
    スクリーンショット 2015-12-17 0.15.55.png
    スクリーンショット 2015-12-17 0.16.08.png
    発光してない部分もなんとなく表現できて電光掲示板ぽさが更にアップ!

    スクリーンショット 2015-12-17 0.16.32.png
    文字サイズを200ptとかに変更しても中々良い雰囲気ですね。

    スクリーンショット 2015-12-17 0.17.00.png
    明朝も良いです。

    スクリーンショット 2015-12-17 0.17.41.png
    50%表示も良いですね。


    縦書きももちろんOK


    拡大縮小ツールを使ってサイズを変更すると
    効果のラスタライズの解像度とパターンの不一致でおかしなことになりますので
    自由なサイズで使いたいときは
    オブジェクト>ラスタライズ...
    で画像に変換するか
    別の画像ファイルとして書き出して配置なりした方が無難です。


    数値とか手順とかちょっと違うと全然ならない事もあったりとちょっとデリケートなテクニックですが
    色々なフォントで電光掲示板ぽさを楽しめると思います。

     
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    | タナカ | Illustrator | 01:53 | comments(0) | - | - |









    スマホ版
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • Illustratorの散布ブラシで鉛筆やクレヨン風の書き味を出そう
      タナカ (06/06)
    • Illustratorの散布ブラシで鉛筆やクレヨン風の書き味を出そう
      monday (06/06)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (04/29)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      かわだ (04/29)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (12/02)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      カール (12/01)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (12/01)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (11/30)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      カール (11/30)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      タナカ (06/30)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + BACKSTAGE
    + Amazon
    + 広告

    + にほんブログ村ランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE