BACKSTAGE技術部

群馬職業訓練短期大学校、ポリテクカレッジ群馬のデザイン科卒業生で行われる作品展
「BACKSTAGE」の技術的ブログです。
Adobe Illustrator、Photoshopを中心に手持ちのアプリケーション、デジモノの検証結果やTipsをお伝えしていきたいと思います。
リンクはご自由に。報告も不要です。
<< Mac mini (mid 2011)へSSD増設 | main | Illustratorのアピアランスを駆使して美味しそうなドーナツを作ってみよう。その1 >>
Illustratorのパレット内の小技。CS5以前とCS6の違い
0
    JUGEMテーマ:Adobe CS5

    今回はIllustratorのパレットで数値が入力できる部分について色々試してみました。
    覚えておくと作業効率が良くなると思います。
    ただCS5とCS6で結構挙動が異なりますのでその違いも調べてみました。
    (CS5とあるものはCS4以下CSくらいまでは同様です。それ以前のバージョンは試せるハードがないです。)

    では早速
    ■数値入力欄にカーソルがある状態でのカーソルキー上下の操作


    上下のカーソルキーで1ずつ増減させることが可能です。

    数値入力状態でカーソルキーの上下は数値入力欄の横にある▲▼のボタンをクリックするのと同じ効果があります。

    CS5では下のカーソルキーを押すと1の位をマイナス1して小数点以下切り捨て
    (12.5ptから下のカーソルキーを押すと11.5の小数点以下切り捨てで11pt)
    CS6ではマイナス1して小数点以下切り上げとなっています。
    (12.5ptから下のカーソルキーを押すと11.5の小数点以下切り上げで12pt)
    これはCS6の方が自然な感じですね。

    ■Shiftキー+カーソルキー上下(▲▼)
    CS6では10の倍数刻みでアップダウン
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.05.47 木.png
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.06.25 木.png


    CS5では4の倍数刻みでアップダウンとなります。
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.16.03 木.png
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.16.52 木.png

    ■コマンドキー+カーソルキー上下(▲▼)
    CS5ではカーソルキー単独で押した時と変化はしませんが、
    CS6では0.1刻みでアップダウンします。
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.08.34 木.png
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.08.57 木.png
    これはCS6に軍配があがります。

    CS6では以上の挙動は文字サイズ以外でも同様です。
    文字の比率や
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.09.52 木.png

    線幅など
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.14.48 木.png

    Shiftキーと組み合わせることで10刻み、コマンドキーと組み合わせることで0.1刻みでアップダウンさせることができます。


    CS5はShiftキーを押しながらアップダウンしたときの基準値が項目によって変わります。
    線幅については6の倍数刻みで太くなったり細くなったりします。
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.22.09 木.pngスクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.22.29 木.png

    ほかの数値部分でもそれぞれ独自の数値刻みになっています。
    (文字のタテヨコ比率は5の倍数刻み、カーニングは4の倍数、トラッキングは10の倍数等)
    よく考えられた基準だと思うんですけどなぜかCS6では全て統一されました。


    ここからはCS5(以下)のみの機能となります。
    結構使っていた機能なだけにCS6を使うようになって不便だと感じている部分です。

    ■デフォルトに戻す
    文字パレットの項目名部分でポインタアイコンが指に変化します。
    この時にコマンドキー+クリックでデフォルト値に戻ります。
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.18.14 木.png
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.18.39 木.png

    行間については「自動」となります。
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.19.16 木.png
    スクリーンショット 2015-01-15 1月15日22.19.37 木.png

    ■行間を文字サイズと同じ値に
    選択された文字のサイズが全て同じ場合(文字パレットの文字サイズに数値が表示されていた場合)
    行間のアイコンをダブルクリックすると行間が文字サイズと同じになります。



    ■同じ項目を連続して入力
    数値を直接入力して確定するときにShiftキーを押しながらreturnキー(enterキー)を押すことで
    入力状態をキープしますので同じ項目を連続して入力、確認することができます。



    個人的にはCS5のキーバインドにコマンドキーの0.1刻みが追加されただけってのがウレシかったですが、
    CCではどうなんでしょう?
    現状CCを必要としていないので確認できませんが、いずれ使うようになったらそちらでも確認してみたいと思います。
    CCで「コマンドクリックでデフォルトに戻す」機能と「ダブルクリックで行間を文字サイズと同じ値にする」機能が復活しました。

    ちなみにPhotoshopの文字ではCS5、6変わらずShiftキー+アップダウンで現在の数値から10の増減となっていました。
    (現在の文字サイズが12.34ptのときShiftキー+上カーソルキーで22.34ptとなります)

    他にもまだキーの組み合わせがあるかもしれません。
    まだまだ探求してみたいと思います。
    | タナカ | Illustrator | 01:01 | comments(0) | - | - |









    スマホ版
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • Illustratorで電光掲示板
      タナカ (09/18)
    • Illustratorで電光掲示板
      留萠本線 (09/18)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (10/03)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      ヤマモト (10/03)
    • Illustratorの散布ブラシで鉛筆やクレヨン風の書き味を出そう
      タナカ (08/18)
    • Illustratorの散布ブラシで鉛筆やクレヨン風の書き味を出そう
      ななし (08/18)
    • Illustratorの散布ブラシで鉛筆やクレヨン風の書き味を出そう
      タナカ (06/06)
    • Illustratorの散布ブラシで鉛筆やクレヨン風の書き味を出そう
      monday (06/06)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (04/29)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      かわだ (04/29)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + BACKSTAGE
    + Amazon
    + 広告

    + にほんブログ村ランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE