BACKSTAGE技術部

群馬職業訓練短期大学校、ポリテクカレッジ群馬のデザイン科卒業生で行われる作品展
「BACKSTAGE」の技術的ブログです。
Adobe Illustrator、Photoshopを中心に手持ちのアプリケーション、デジモノの検証結果やTipsをお伝えしていきたいと思います。
リンクはご自由に。報告も不要です。
<< Adobe製品+Mac OSX 10.9 Mavericksでスペースバーを押したとき手のひらツールに変わらないトラブルについて | main | Illustratorでパスを全てのアンカーポイントで分割 >>
XQ1で光源から光芒ありの撮影
0

    いよいよ作品展も始まりまして、
    ここのところ準備やらなんやらで更新が滞っておりました。

    今回は写真撮影。
    以前、夜空の写真を撮ったときにたまたま光芒がうっすら撮れたものがありました。
    DSCF0636raw.jpg
    XQ1/Raw現像
    ISO感度:100
    焦点距離:6.4mm
    露出補正:0EV
    絞り:f/5
    シャッタースピード:30秒
    ちょっとカッコイイとか思いまして、
    どんな条件が重なると撮れるのが気になったのでちょっと調べてみました。

    どうやら絞りの羽根が関係してて偶数枚の時はその枚数分
    奇数枚の時は羽根の枚数の倍の数の光芒が出るらしく
    光源が正面にあるほど良く出るとの事。
    奇数の時倍という事は対角線の方向にも出るって事かな?
    とにかく絞れば良く出そう。

    今回作品展の写真撮影をしたときに展示室の照明が妙にキラキラしていたので
    これは光芒ありで撮ったらいい感じに撮れるかもと思い早速実践。

    絞り優先オートモードで絞りをMAXの10、感度は100固定に設定。WBは電球モード。
    シャッター時間長くなるので三脚を使用。
    あとは光源そのものが見えるように撮りました。
    DSCF1371.JPG
    XQ1/絞り優先オートモード
    ISO感度:100
    焦点距離:6.4mm
    露出補正:0EV
    絞り:f/10
    シャッタースピード:1/3秒
    DSCF1372.JPG
    シャッタースピード:1/4秒
    他同上

    DSCF1373.JPG
    同上
    DSCF1380.JPG
    シャッタースピード:1/13秒
    他同上

    撮り方さえ分かれば案外あっさりと撮れました。
    光芒14本で交互に長さが違うので7枚羽根ですね。
    下の2枚のはゴーストのおまけ付き。光源がより正面に近いと出るんでしょうか?

    他にキラキラした作品もありましたので照明の反射光を狙ってもみましたが、
    こちらは思った通りに撮れず…
    それなりに光の強さも必要なようです。

    しかし、撮ろうと思っていたものが撮れるのはウレシイものですね。
    今後も更にデジカメの勉強したいと思います。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    | タナカ | デジタルカメラ | 02:32 | comments(0) | - | - |









    スマホ版
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (12/02)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      カール (12/01)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (12/01)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (11/30)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      カール (11/30)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      タナカ (06/30)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      ニャーン (06/29)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      タナカ (06/19)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      ニャーン (06/18)
    • Illustratorで1本の線から効果の「変形」を使って雪の結晶を作ってみよう
      ニャーン (02/13)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + BACKSTAGE
    + Amazon
    + 広告

    + にほんブログ村ランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE