BACKSTAGE技術部

群馬職業訓練短期大学校、ポリテクカレッジ群馬のデザイン科卒業生で行われる作品展
「BACKSTAGE」の技術的ブログです。
Adobe Illustrator、Photoshopを中心に手持ちのアプリケーション、デジモノの検証結果やTipsをお伝えしていきたいと思います。
リンクはご自由に。報告も不要です。
<< Illustratorの段落と改行 | main | デジカメ決定 >>
コンデジ購入検討中
0
    今回はいつもと毛色が違いましてTips系ではなく
    デジモノ購入計画ネタです。

    少し前に自分の使っているデジカメ
    SONY DSC-T300
    と奥さんのデジカメ
    CASIO EXILIM EX-Z700
    がほぼ同時に壊れまして、新しいコンパクトデジカメを買おうかという事になりました。

    そこで、色々検討に入るわけですが、
    奥さん的には共有で1台でいいんじゃない?と
    性能とかは今までのと同じくらいであればOK
    連写出来る方が良い、大きさは小さい方が良いとの事。

    自分の希望は一眼レフと言いたいとこですが、
    当然レンズから何から後から色々お金がかかるので
    まだカメラ壊れていない時から奥さんに進言していましたが
    ダメ出しされてましたので
    ​ちょっと高性能なコンデジが欲しいなーと。
    センサーは大きいに越したことはないですけど
    画素数は1000万もあれば十分です。
    そこそこの感度で撮影しても暗所のノイズが少ないのが良いですね。

    用途は作品展の出展作品に使う事もありますし、
    Webサイト用に展示した作品そのものを撮影したり、
    子供がまだ小さいので出し物とかイベントのスナップ、
    更には花鳥園的なとこで鳥を撮ってもみたいと
    幅広いです。

    とりあえず、今でのデジカメの自分が気になる部分のスペック調べてみます。

    ■SONY DSC-T300(2008年)
    (故障内容/ブルブル振動。この系列の機種は良くあるようですが原因は落下)
    センサー/Super HAD CCD1/2.3型
    総画素数/1030万画素
    光学ズーム/5倍
    F値/F3.5-4.4
    焦点距離(35mmフィルム換算)/F=5.8-29.0mm(33-165mm)
    ISO感度/80〜3200
    連続撮影/不明
    ​サイズ/幅94mm×高さ59.3mm×厚さ21.4mm
    重量/149g(本体のみ)
    発表時実売価格/3万2300円

    ■CASIO EXILIM EX-Z700(2006年)
    (故障内容/撮影写真が白っぽくなる。液晶で見る限り大丈夫。サポートに問い合わせたところ恐らくセンサーの故障)
    センサー/CCD 1/2.5型
    総画素数/741万画素
    光学ズーム/3倍
    F値/F2.7〜F5.2
    焦点距離(35mmフィルム換算)/F=6.2-18.6mm(38-114mm)
    ISO感度/50〜800
    連続撮影/通常連写約1.0秒間隔
    サイズ/幅88.5mm×高さ57mm×厚さ20.5mm
    重量/112g(電池・付属品含まず)
    発表時実売価格/4万5000円前後

    今見返してみると高い!
    発売当時のEX-Z700買うつもりなら結構なものが買えそうです。

    で、まず後継にあたる機種ですが、
    DSC-T300は形状から見てもTX30で良いと思います。
    実売価格で2万円台前半
    防水/防塵/耐衝撃性が高いのは魅力的。
    画質を考えると同価格帯の画質を売りにしているものより劣るかなと思います。

    ソニー Cyber-shot DSC-TX30(S) シルバー

    新品価格
    ¥23,450から
    (2014/3/10 02:47時点)


    EX-Z700の後継は発売当時のZシリーズフラッグシップの次の機種と考えると…
    流通限定モデルとかあってよくワカランです。
    ZSシリーズ最高と思われるEX-ZS180でも価格的にはTX30よりかなり安いですね。

    CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-ZS180SR 広角24mm 光学12倍ズーム 1610万画素 シルバー

    新品価格
    ¥12,425から
    (2014/3/10 03:08時点)

     下位機種のZS170の方が液晶小さいくらいで性能・価格はこっちの方が魅力的

    CASIO EXILIM デジタルカメラ 1,600万画素 ゴールド EX-ZS170GD

    新品価格
    ¥10,400から
    (2014/3/10 03:18時点)


    この辺だとセンサーが1/2.3型なのでせっかく買うならもっと大きいセンサーのが欲しくなっちゃいます。
    焦点距離は35mmフィルム換算で短い方が30mm越えてるのほぼないですね。
    ということで2つに絞りました。

    第一候補
    Canon PowerShot S120

    Canon デジタルカメラ PowerShot S120(ブラック) F値1.8 広角24mm 光学5倍ズーム PSS120(BK)

    新品価格
    ¥31,204から
    (2014/3/10 03:22時点)

    今まで持っていたものを色々と凌駕しているはず。
    S200も考えましたが、連続撮影が1.9枚/秒と奥さんの要望を満たせそうにないので却下。
    (ハイスピード連写もありますが、要モード切替の上横幅がフルHDに満たない)

    第二候補
    SONY CyberShot RX100

    SONY Cyber-shot RX100 2020万/光学x3.6/ブラック

    新品価格
    ¥39,800から
    (2014/3/10 03:54時点)

    センサー1.0型、画質は申し分なさそうです。

    価格をとるか、センサーの大きさをとるか…
    うーん悩む。

    公式サイトの撮影サンプルは低感度で色調豊に見えるのばかりなので
    もう少し色々な撮影サンプル探して決めたいと思います。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    | タナカ | デジタルカメラ | 04:05 | comments(0) | - | - |









    スマホ版
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (12/02)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      カール (12/01)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (12/01)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (11/30)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      カール (11/30)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      タナカ (06/30)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      ニャーン (06/29)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      タナカ (06/19)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      ニャーン (06/18)
    • Illustratorで1本の線から効果の「変形」を使って雪の結晶を作ってみよう
      ニャーン (02/13)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + BACKSTAGE
    + Amazon
    + 広告

    + にほんブログ村ランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE