BACKSTAGE技術部

群馬職業訓練短期大学校、ポリテクカレッジ群馬のデザイン科卒業生で行われる作品展
「BACKSTAGE」の技術的ブログです。
Adobe Illustrator、Photoshopを中心に手持ちのアプリケーション、デジモノの検証結果やTipsをお伝えしていきたいと思います。
リンクはご自由に。報告も不要です。
<< Illustratorのスレッドテキストを使って年間カレンダーを作ってみよう | main | Illustratorの段落と改行 >>
Macで操作中のスクリーンショットを撮る
0
    JUGEMテーマ:Macintosh

    ここのところ、記事の長さがエスカレートしてきてますので
    一旦リセットを兼ねて、このブログでもよく使うスクリーンショットの取り方などご紹介したいと思います。
    このブログを書くようになってからスクリーンショットを撮る機会が非常に増えて
    最近の記事だと実際に使う点数はさておき、
    1つの記事に対して40枚50枚のスクリーンショットを撮るのは当たり前になってきました。
    そんな時、作業中のスクリーンショットを撮る良い方法がありました。

    WindowsPC持ってませんのでMacでの内容になりますが、
    一般的にスクリーンショットを撮るのは

    command+shift+3→画面全体
    command+shift+4後ドラッグ→選択範囲
    command+shift+4後スペースキー1回押した後ウインドウクリック→ウインドウ単位(影有り)
    command+shift+4後スペースキー1回押した後option+ウインドウクリック→ウインドウ単位(影無し)

    のキーボードショートカットで撮れます。
    ただ、この方法だとカーソルアイコンは含まれません。
    アプリケーションを使用中のスクリーンショットを撮るとなると
    カーソルアイコンも重要になってきます。

    そこで、
    「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダにある「グラブ」というアプリケーションを使うと
    タイマーを使って10秒後の画面を撮影する事ができます。
    スクリーンショット 2014-02-28 2月28日0.22.21 金.png

    スクリーンショット 2014-02-28 2月28日0.19.16 金.png

    このタイマーを使ったスクリーンショット撮影は非常に便利なのですが、欠点として
    1.必ず画面全体でのスクリーンショットとなる
    2.カーソルの種類が限定される
    というのがあります。

    1に関してはスクリーンショット撮影後即座に画面に取り込んだ画像が出てきますので、
    それを更にcommand+shift+4後ドラッグして必要な範囲を選択すれば不要な部分はカットできます。
    2に関してはどうしようもないですね。
    グラブの環境設定で予めカーソル画像を設定することは出来ますが

    カーソル無しを含めても8種類。

    アプリケーション独自のカーソルアイコンは撮影できません。
    このブログ書き始めた頃は諦めてカーソルの状態を文字で説明したりしていました。

    どうにか画面表示されている通りのカーソルアイコンでスクリーンショットを撮ることは出来ないものかと考えていたときに
    いっその事作業そのものを動画にしてしまったらどうかと思いまして
    QuickTime Playerバージョン10の「画面収録」機能を使って作業動画を収録してアップすれば…

    あ、収録後に動画を再生して必要なとこで止めてスクリーンショット撮ればいいんだ!

    ということで
    QuickTime Playerのファイルメニューから「新規画面収録」
    スクリーンショット 2014-02-28 2月28日0.14.11 金.png
    スクリーンショット 2014-02-28 2月28日0.17.31 金.png
    収録開始ボタンを押すと

    こんなメッセージが出ますので

    ドラッグして必要な部分を囲んで選択範囲中央の収録を開始ボタンを押すと押した直後から収録が始まります。


    収録が終わったら再生して必要なところで止めて
    command+shift+4後ドラッグ→選択範囲
    でスクリーンショットを撮れば、ガシガシ画像が撮れます。
    撮り忘た作業があっても動画を戻して撮れば良いのでラクチンです。




    画面表示通りのカーソル状態でスクリーンショットが撮れます。

    注意点としてはパレットの位置ですね。
    パレットが収録範囲右側ギリギリにあると、
    パレットメニューが収録範囲外に出てしまうことがあるので
    収録中に動かしたくないパレットがあったときは
    後からそこだけスクリーンショット撮り直しとなる事があります。


    動画撮っておきながら、動画そのものを使いたくないのは、
    作業動画を見せるとなると無駄な作業やカーソルの迷い、誤操作があった場合や、
    思わずキーボードショートカットを使ってしまって何をしたのか分からない状態になったりして
    人に見せられない動画となってしまい、何度も収録し直す事になるからです。

    気にしすぎかも知れませんが、
    収録し直したらし直したで、本来初めて入力する画面なのに前回入力した数値が入ってしまっている事もあり、
    収録したいアプリケーション自体を再起動してから収録し直しになります。

    スクリーンショットなら迷おうが間違って戻ろうが、そこを使わなければいいだけなので気楽に収録できます。

    ただ動画をmov形式で保存すると数分でも数百MB使いますのでストレージ容量に余裕がないときびしいかも。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    | タナカ | Macintosh | 07:31 | comments(0) | - | - |









    スマホ版
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (12/02)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      カール (12/01)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (12/01)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      タナカ (11/30)
    • Macのカレンダー.appを使って定期的にアプリケーションを実行してみよう
      カール (11/30)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      タナカ (06/30)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      ニャーン (06/29)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      タナカ (06/19)
    • Illustratorでオブジェクトが重なっている部分のみの線分を抽出してみよう
      ニャーン (06/18)
    • Illustratorで1本の線から効果の「変形」を使って雪の結晶を作ってみよう
      ニャーン (02/13)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + BACKSTAGE
    + Amazon
    + 広告

    + にほんブログ村ランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE